2013年02月21日

ロスジェネスの逆襲、読みました!

池井戸 潤の「ロスジェネスの逆襲」読み終えました。
得意分野?の銀行が舞台でした。

だいたいの流れの中での脚本は、登場人物が出てきて組み立てれました。(笑)
ただ、僕にはわからない話をおもしろおかしくスリリングにしてくれるかを、楽しましたね!

次も期待です。

posted by ウメタク at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話

2013年01月15日

真山 仁、「プライド」を読み終えて!

今日は、早起きして昼過ぎまでに一気に、真山 仁さんの「プライド」
を、読みました。

短編作を綴った形だったとは知りませんでしたが、まあまあ、楽しく
読ませてもらいました。

楡 周平、池井戸 潤、真山 仁、この3人は僕の一押しですね!
そういえば、ふと今思ったのですが、皆、TVドラマ化されている作家です。

読んでいて楽しいのは、僕の知らない世界をいろいろ学べるからですね。
笑いは、そんなに無いですが・・・。(笑)
posted by ウメタク at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話

2013年01月14日

偉大なる、しゅららぼん。読み終えました!

久々に、本の話!
万城目 学の「偉大なる、しゅららぼん」、今日、読み終えました。

好きですねぇ〜、この人の作品。
笑いの壷をわかっています!ハハハ・・・。

でも、やっぱり、今までの作品と同じよう、わけのわからん力が出てきます。
よう、そんなこと、思い浮かぶなぁ〜、と感心します。(笑)

ちょっと、途中で結末に向けて予想をしてみましたが、流れから、2割ぐらい
当たっていました。が、想像以上の展開についていきませんでした。

新年早々、楽しませてもらいました。
明日からは、これまた、久々に、真山 仁の作品を拝読する予定です。
posted by ウメタク at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話

2011年05月11日

読みました、阪急電車。

先日、有川 浩さんの「阪急電車」読みました。
おもしろかったですね!

段々と話がつながっていくことがわかると、そこからは
読むスピードが一気にあがりました。

大好きな、戸田 恵梨香ちゃんが出ているので、映画も見てみたいですね。

その前に読んでいたのが、「鴨川ホルモー」。
正直、バカ笑いですね!

よくもまあ、考えられるものだな、と、万城目 学さんを尊敬します。
映画になっていることをしらなかったので、すぐさま借りました。

もちろん映画なので原作と少し違うところはあるのですが、鬼がめっちゃよかったです!
イメージ通りでした。いや、それ以上のインパクト・・・!

それと、鬼語!
これは身体の動きが映像にバッチリはまっています。

もう、バカ笑いでした。
恐るべし、万城目 学!
posted by ウメタク at 20:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 本の話

2010年11月24日

竜馬が行く!

そうそう、ちっちゃい時から本を読むのが苦手で、高校を出るまで毒書?、いやいや毒書とは無縁の学生生活でした。ハハハ・・・。(笑)

かといって、漫画も読むわけでもなく、テレビに没頭するわけでもなく、もちろんTVゲームもない時代でしたから、そんなものにもはまるわけでもなく、結構、クラブ活動にいっぱいいっぱいだったかも・・・!

懐かしい思い出ですが、そんな自分が友人に薦められて読んだのが、司馬遼太郎先生の「竜馬が行く!」でした。

新刊で1冊読んで、身体中に血が逆流してきたかのような感覚を、本を読んで初めて知りました。
自分がその時代にもぐりこんで、端からのぞいているような感じが・・・!

もう、全巻読み終えるまで、あっという間でした。
そのとき初めて、本を読んだ!って感じになりました。

あれから数十年、やっぱりそのときのことが頭から離れません。
ぜひ、機会があれば、また、「竜馬が行く!」を読んでみたいものです。
posted by ウメタク at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話

2010年07月29日

鹿男あをによし!文庫本、買いました。

テレビでうっかり見てしまった「鹿男あをによし」。
最初の1〜2話の誘い水に乗せられて、第3話からバカバカしく、興味津々、そんなあほな!と、叫びながら最終話まで見終えました。(笑)

テレビ効果もあって、そのときの奈良公園にはたくさんの方が鹿としゃべりに行ったと、ニュースでやっていました。ハハハ・・・!

その「鹿男あをによし」が文庫本で出ていました。
テレビで見ていた、綾瀬はるかさんが演じていた藤原先生は実は子持ちの男性でした。(しょんぼり・・・)

綾瀬はるかさんが良かったのになぁ〜!
昨日買ったばかりで、読み始めですがもう、はまっています。面白い!

久々に3冊も文庫本買ってしまったので、じっくり読みたいと思っています。早く読み終えると、また、買いたくなるので・・・。(笑)
posted by ウメタク at 21:11| 本の話

2010年03月14日

クスッと笑いました。死神の精度!

うちの奥様の本棚からちょっと拝借して読んだ、「死神の精度」。
またもや、伊坂 幸太郎ワールドにはまってしまいました。

死神の千葉さんの受け答えが面白くて、面白くて!
知らなかったですが、この作品も映画になっていたのですね。

なんというか、最後に話がかみ合うというか、「あっ、そうっだとのか!」と、うなずいている自分うれしいです。

これが、伊坂 幸太郎ワールドですね。
楽しませてもらいました!
posted by ウメタク at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話

2010年01月18日

イノセント・ゲリラの祝祭、買いました!

海堂 尊ファンの私ですが、今日本屋さんに行くと、「イノセント・ゲリラの祝祭」と「ブラックペアン」が両方とも上下巻で文庫本発売されているのを見かけました。

1巻500円ぐらいですからそこそこの値段です。(ページ数と文字の大きさから言うと・・・(笑)

イノセント・ゲリラの祝祭」では田口・白鳥のコンビがまた出ているようですし、どの作品でもユーモアのあるかき回しが大好きです。

ちょっと最近はお小遣いちびって、本を買うのを控えていましたので丁度いいタイミングでした。

また、新しい海堂 尊ワールドへ導いてもらいます。
posted by ウメタク at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話

2009年11月03日

まあまあ、癒される姿ではあるのだけれど・・・!

JNuN.jpg

愛娘がインフルエンザA型(おそらく新型)にかかったため、本日は留守番&看病のため、家に居ました。

それにしても、学校ではやると、広まりはすごいですねぇ〜!
本当に、あっという間です!

暇つぶしに、大沢 在昌さんの「アルバイト探偵(アイ)」2冊ほど読んで、楽しんでいました。

ちょっと昔の設定ですが、充分面白いですので、ぜひ読んでください。そんのなの有り〜、なんて叫んでしまいますよ〜だ!

それにしても、家の猫たちは何でこんなに昼は寝るの?っていうぐらい、ぐうたらです。

その分夜中に寝てくれよ〜、と思います。ハハハ・・・(笑)
仲が良いのか悪いのか?

長男ぶう君、もっとしっかりバシッといけよ!と、応援しています。 
posted by ウメタク at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話

2009年11月02日

久々に読みました、伊坂 幸太郎!

家の奥様が好きな作家、「伊坂幸太郎」!
そのお陰で?何冊か読ませていただきました。

「重力ピエロ」も映画になりましたしね。
どんどん活躍してほしい作家です。

最近、愛娘?が学校の図書館で、「陽気なギャングの日常と襲撃」を読んだと言うので、その前から奥様に「買って!」と言われていた、その本をあわてて買いました。

レンタルDVDで前作(家の奥様が大好きな佐藤 浩一が出てた)は見ていたので、だいたいの感じはわかっていたのですが・・・!

やっぱり、活字はいいですね!完全に自分の中の伊坂 幸太郎ワールドが広まっていきます。

ただ、本屋で普通に買っていると、お小遣いが持たないので、ブックオフで買える本を見つけることも、大切です。(笑)
posted by ウメタク at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話

2009年07月01日

はげたか?

大阪弁はいいなぁ〜。
どこにアクセントをつけるかで、私にはちょっと気の悪い言葉です。(笑)
禿げたか?いえいえ、「ハゲタカ」のことですよ!と自分に言い聞かせ・・・。

公開中の映画「ハゲタカ」を見に行こうか思案中です。NHKのドラマからの映画化ですが、ドラマ1回も見ていないのでDVDをレンタルして全部見てからにしようかと・・・。

文庫本を読んだときには面白くて、はまってしまいました。それで一気にハゲタカUまで超特急で読んでしまいました。

今まで自分が聞いたこともない業界用語?などなど・・・!いっぱいいっぱい勉強になりました。

第3弾「レッドゾーン」が新刊で出ているので、映画より先にそちらを読んでみてもいいかな、っと。Uで亡くなったアランの死の謎についてがわかるのでしょうか!

鷲津政彦に興味津々です。

posted by ウメタク at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話